補償導線の役割と意味

温度を熱電対で計測する場合、計測部分は熱電対を使いますが、熱電対から計測機器までの線は補償導線を使うことがあります。熱電対と同じ金属、例えばクロメルーアルメルなどは、そのまま延長して測定機器まで伸ばすと高価になります。そのため、クロメルーアルメルにあった熱起電力をもった金属の補償導線を使います。これは、測定点までの距離の長さや温度計測状況などによって、単純に熱電対の線を延長するのか、どの導線を使うかを決定します。

成長した工業情報