普段からできる浸水対策

日本でも集中豪雨が頻発するようになり、川からあふれた水で浸水の被害にあう住宅も増えています。万が一の時に備えて、普段から対策しておくことが大切です。自分でできる浸水対策としては、家の周りにブロックを配置するなどして段差を作る方法が有効です。特に地下駐車場を持つ家では、地面よりも低い位置にあるため水が入り込みやすくなっています。事前に段差を作っておけば、被害を防ぐことができます。排水溝などを掃除しておくことも効果的です。ゴミなどを取り除き、流れやすくしておくと豪雨時にあふれるのを防げます。

排水処理装置とは何か排水処理装置とは、工場などから排出された排水に含まれる有害物質を取り除く機械のこ

成長した工業情報