工業関係の資格について

工業関係の資格を語る時まずはじめに指摘しなければならないのは、国内においてはその重要性は建築、建設、土木関係に拠っているということです。資格の頂点といえば、疑いようもなく技術士ということになりますが、この技術士からしても技術士の約半数は建築、建設、土木関連の事業に携わっているという現状があるわけです。技術士は現在では技術コンサルタントとして業務を指導する役割を担うものと認知されており、工業の専門性によって機械部門、電気電子部門、建設部門、経営工学部門などいくつかの部門が設けられています。その他、建築、建設関係で建築士は言うまでもなく重要ですし、時代の趨勢によりCAD関係も注目され始めています。

資格取得についての勉強

この不景気の中、企業が必要とする人材はどうしても何も持ってない人よりは有資格者となってしまいます。それは工業系の仕事に従事する人にはどうしても必要なことであり、むしろ無い人は仕事を行う事すらできない為、必要不可欠な時代です。資格取得はそれほど難しい事もなく、技能講習では講師の話を普通に聞いていれば落ちることはまずないでしょう。工業系の国家試験となる試験では過去5年分の過去問を3回通り解答し、後は問題の解答の解説と参考書の全文を、試験二日前ぐらいから5回通り読み上げれば問題なしです。しかし過去問に似た問題は出題されても、絶対に同じ問題は出題されることはないのでそこは注意するところです。

成長した工業情報