日本の産業における工業の将来像

今日本の第二次産業にあたる工業は変化の時を迎えています。供給面を整理すると、日本は90年代以降、円高による安い賃金を求め中国に急激に移転しました。このことから日本は工場の空洞化が起こり、今なおそれは加速しています。しかし海外で組立に使用する工業部品はほとんど日本産であり、現在の輸出を伸ばしているのは消費材ではなく産業材が多くを占めているのです。つまり金属製の部品や生産設備を日本から輸出していて、需要面を整理すると、日本国内の需要の減退と新興国市場の成長があるのです。よって生き残るべき道は2つあります。1つは新興国をターゲットにすること。もう1つは国内のシルバー層に焦点をあてることなのです。

マンション大規模修繕工事安全安心で選ぶなら。
作業効率が短縮できるので、結果、費用の削減にもつながります。超高層マンションなどの事例もこちらでご紹介しています。

社会・経済を構成している諸産業

この社会の産業には実に様々な分野のものがあるわけですが、これらを大きく分類してみれば、農業、漁業、林業に商業、工業といったもの区分けすることができるでしょう。これらの内でも、農業、漁業、林業と商業とはもっとも古くからあって、その歴史も長いものであると言えます。一方、非常に規模も小さく、その初歩的なものであったと言える工業もこれらと同じく、古くから存在してはいたものの、それが今日のように大規模なものとなり、社会・経済の主導的な役割を果たすほどに成長したのは、産業革命を経た近代以降のこと、と言うことができるわけです。

成長した工業情報